おすすめの動画配信プラットフォームランキング!

おすすめの動画配信プラットフォームをランキング形式で紹介します!

エンターテインメントはもちろん、ビジネスにおいても多くの場面で活用されている動画コンテンツ。マーケティングや採用活動など幅広い場面で効果を発揮する可能性があり、その重要性も注目されています。

そんな動画コンテンツを活用するために欠かせないのが「動画配信プラットフォーム」ですが、これから初めて利用する方には分からないことも多いのではないでしょうか。もし動画配信プラットフォームの導入を進めていきたいと思っているのなら

・動画配信プラットフォームはどのように選べばいいのか?
・動画配信プラットフォームを利用する利点は?
・利用するための費用はどのくらいかかるのか?

などの疑問や不安を解消しておかないと、上手に活用できないかもしれません。そこで当サイトでは動画配信プラットフォームについての情報をまとめてご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

さらにWEBアンケートをもとにおすすめの動画配信プラットフォームをランキング形式でご紹介しています。そのほかにも「YouTubeとの違い」「動画配信プラットフォームの機能」などについても解説していきます。

このような基本的な情報を知っておくと、実際に動画配信プラットフォームを導入する際に役立つはずです。ぜひ当サイトの情報を参考に、動画配信プラットフォームについて理解を深めスムーズな導入ができるようにしていきましょう。

おすすめの動画配信プラットフォームランキング一覧!

Uishare(ユーアイシェア)の画像1
おすすめポイント:便利な機能を初期費用無料でお得に利用でき、サポートプランも充実している

UIshareは、最先端テクノロジー搭載のクラウド型動画配信プラットフォームサービスです。全プラン初期費用無料ですぐに利用開始できるのは、他にはない強みといえます。

セキュリティが強固なため安心して利用することができます。ユーザー管理機能・動画コンテンツ販売機能など便利な付加機能をはじめ、専門スタッフによるきめ細かなオンボードサポートや運用後のサポート体制、各種マニュアルが充実しているのも特徴です。

UIshare(ユーアイシェア)の強み

全プラン初期費用無料!最先端テクノロジー搭載の多彩な動画コンテンツ配信機能を提供

UIshare(ユーアイシェア)の基本情報

特徴 17万人超ユーザー利用の最先端テクノロジー搭載のクラウド型動画配信プラットフォームサービス。セキュリティも強固で高い信頼性を担保している。
サポート ・申し込みと同時に利用可能で、開始当日から全機能を試すことができる
・専門スタッフによるきめ細かなオンボードサポートを提供
・運用後のサポート体制も充実
・各種マニュアルを提供
料金・プラン例 ■定額プラン 5万円~/月
■UIshare運用サポートプラン 10万円~
■UIshare初期導入パッケージプラン 20万円~
問い合わせ 電話・メールフォーム・チャット
TEL:03-6822-8021
会社情報 株式会社ユイコモンズ
〒108-0075 東京都港区港南2-16-1 品川イーストワンタワー7階

UIshare(ユーアイシェア)の口コミ・評判を集めました

IT/通信/インターネット系
使いやすくて安全な動画プラットフォーム
視覚的表現に優れているUIなので、UIが原因で離脱する人を減らすことができます。プラットフォームを1から作ると思えば費用はとても安いですし、初期費用無料なので導入ハードルも低いです。 動画配信を目的としたプラットフォームを作成したかったのですが、セキュリティに問題があったのでUIshareを利用しました。クラウドの動画配信はセキュリティが問題になることが多いですが、UIshareのセキュリティは強固ですし、バックアップも万全なので安心して動画配信できます。

引用元:https://boxil.jp/

IT/通信/インターネット系
会員向け動画の配信に便利
シンプルな動画共有システムで、UIもわかりやすく使用感が非常に良いです。導入時も社内であまり揉める事無くすんなりいったのは、機能と費用のバランスが良かったからだと思います。 またサポートも丁寧に回答してくれてメールの返信も早いので助かります。専門分野の教育系メディアにおいて、会員のみに見せる講習動画を多数掲載しています。これまでいろいろな動画共有サイト等を利用してきましたが、会員向けという条件を満たせたのでいろいろな利用方法が考えられそうです。

引用元:https://boxil.jp/

millvi(ミルビィ)の画像1
おすすめポイント:高品質かつ低価格な動画サービスを提供し、700社以上の企業で利用されている

millviは、700社以上の企業で利用される国内最大級のクラウド型動画配信システムです。動画配信技術をコアに様々なソリューションを展開し、ビジネスの成功を手厚く支援しています。

暗号化ストリーミング配信、ドメイン・IP制限、ワンタイムURLなどのコンテンツセキュリティに対応しているため、課金販売するコンテンツも安全に配信することができます。高セキュリティと充実のサポートを求める方におすすめです。

millvi(ミルビィ)の強み

国内最大級のクラウド型動画配信システム!高セキュリティの暗号化動画配信が可能

millvi(ミルビィ)の基本情報

特徴 700社以上の企業で利用される国内最大級のクラウド型動画配信システム。幅広い利用用途・利用量に応じたプラン選定ができる。
サポート ・動画制作トレーニングパック
・ライブ配信運用支援・代行サービスなど
料金・プラン例 ■スタンダードプラン
初期費用 10万円
月額費用  5万円
問い合わせ 電話・メールフォーム
TEL:03-6452-8917
会社情報 株式会社エビリー
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-2-5 MFPR渋谷ビル12階

millvi(ミルビィ)の口コミ・評判を集めました

社内情報システム(開発・運用管理)
動画のストリーミング配信に特化したサービス
millviポータルが動画配信サービスの表側(動画ポータル)とすると、裏側では動画配信システム基盤としてmillviが動画管理を支えるという仕組みとなっています。このmillviでは動画をストリーミング配信するうえで必要となるインターフェースが明瞭であるため管理者にとってはわかりやすい。

引用元:https://www.itreview.jp/

株式会社イー・コミュニケーションズ
サポートが充実している
管理機能やシステムの安定性がよく、特にサポートは充実している。問い合わせ対応なども丁寧で、プランについても利用状況から提案があり、非常に満足しています。

引用元:https://www.itreview.jp/

J-Stream(Jストリーム)の画像1
おすすめポイント:3,000アカウント以上の導入実績をもち、ワンストップでサービスを提供している

Jストリームは、3,000アカウント以上の導入実績を持つ国内最大級の動画配信プラットフォームです。実績から培われたノウハウと自社保有・運営のCDNによって、常に安定した動画配信を実現しています。

コンテンツ管理やセキュリティなどの配信設定と、あらゆる端末での視聴を可能にするマルチデバイス対応です。その他、動画視聴解析ツールなど、動画配信に必要な機能とワークフローを一元的に提供しています。

J-Stream(Jストリーム)の強み

年間取引企業1,200社以上!動画配信に必要な機能とワークフローを一元的に提供

J-Stream(Jストリーム)の基本情報

特徴 3,000アカウント以上の導入実績を持つ国内最大級の動画配信プラットフォーム。自社保有・運営のCDNによって、常に安定した動画配信を実現。
サポート ・サポートサイトには目的別マニュアルやお役立ちツールなどを用意
・コンテンツ内製支援も提供している
料金・プラン例 ■J-Stream Equipmedia 月額5万円~
■J-Stream MediaLize 不明
問い合わせ メールフォーム
会社情報 株式会社Jストリーム
〒105-0014 東京都港区芝2-5-6 芝256スクエアビル6階

J-Stream(Jストリーム)の口コミ・評判を集めました

IT/通信/インターネット系
簡単操作で安定感もあり、動画視聴解析ツールも使える
動画視聴解析ツールがあるので動画を細かく分析したい人に向いてます。エラーやトラブルも少なく、安定した配信が可能です。管理画面で簡単にURL、動画タグを取得できるので配信までのステップが少なくて楽です。ユーザーに関しては一定の制御を行いながら運用できるので関係者のみに配信することもできます。 動画をあげた後に視聴した人の反応を振り返ることがなく、動画をあげただけで満足していました。J-Stream Equipmedia導入後は動画視聴解析ツールを使って細かく分析する習慣が身につき、「なぜ再生回数が伸びないのか」「評判が良い動画はどこが優れているのか」という点にフォーカスして考えるようになりました。導入後は徐々に再生回数を伸ばすことができたので一定の効果があったと思います。

引用元:https://boxil.jp/

IT/通信/インターネット系
ウェビナー運営を効率的に実現。ライブ配信機能で臨場感も!
ウェビナーにて利用させていただきましたが、ウェビナーのリアルタイム配信に加えてチャットコメント機能が付けられたので視聴者と双方向でコミュニケーションが取れました。J-Stream Equipmediaはシステム連携もできるため、今回はSynergy!と連携して利用させていただきましたが、ライブ開始15分後にまだ未視聴の方へのリマインドや終了直後の御礼メールなどスムーズに運営が実現できました。 ライブ配信でウェビナーを実施しましたが、映像が止まることも無く画質も綺麗でスムーズに運営が出来ました。本来Zoomだとチャット機能が匿名に出来なかったりするのですが、J-Stream Equipmediaのチャット機能を活用して匿名でも書き込みが可能でしたので、質問以外でも、ウェビナーの感想をリアルタイムに受け付けできるのが良かったです。

引用元:https://boxil.jp/

ULIZA(ウリザ)の画像1
おすすめポイント:10年以上サービスを提供し続け、延べ500社以上に導入されている

ULIZAは、日本国内で開発されたクラウド型の動画配信システムです。学習資格系講座、セミナー、プロモーションなどでの動画配信の導入や効率的な活用を検討する企業を幅広く支援しています。

クラウド型サービスのため、煩雑なシステムインテグレーションや設備の導入を必要とせず、簡単に利用を開始できるのが嬉しいポイントです。要件に合わせた最適な提案、動画配信サービス構築に必要な技術コンサルティングも提供しています。

ULIZA(ウリザ)の強み

リーズナブルで柔軟な料金体系が魅力!クラウド型だから簡単に動画配信を始められる

ULIZA(ウリザ)の基本情報

特徴 日本国内で開発されたクラウド型の動画配信システム。クラウド型での提供のため、簡単に動画配信が始められる。
サポート ・日本国内の専門スタッフによるテクニカルサポートが標準で付属
・導入時には専任のコンサルタントご要件に合わせて円滑な導入をサポート
・ライブ配信スタジオや動画の撮影や配信管理等の技術支援もオプションで提供可能
料金・プラン例 ■ULIZA EVENT STREAM
初期費用 10 万円
月額費用 10 万円/月
※月額型契約(3ヶ月以上のご利用)
問い合わせ メールフォーム
会社情報 株式会社PLAY
〒150-0036 東京都渋谷区南平台町16-28 Daiwa渋谷スクエア

ULIZA(ウリザ)の口コミ・評判を集めました

社内情報システム(開発・運用管理)
懇切なサポートに助けられました
動画配信は変化の激しい世界です。動画の内容自体で勝負したいため、どちらかといえば技術面が手薄になりがちだったのですが、懇切なサポートに随分助けられました。実装そのものは自社手配にはなりますが、前提となる情報は十分にご教示いただきました。

引用元:https://www.itreview.jp/

IT
自社で構築するより安くてスムーズに利用できそう
ULIZA利用前は自分達で配信システムを構築して利用していましたが、動画や音声のズレや遅延が多く視聴者にストレスを与えていました。ULIZAを利用し始めてから動画や音声のズレもなく、配信品質が安定しています。映像撮影や話す人に集中できるようになりコンテンツの充実化ができました。

引用元:https://kigyolog.com/

vimeo(ビメオ)の画像1
おすすめポイント:1つの動画プラットフォームで、動画に必要なすべてのツールを活用できる

ビメオでは、カスタマイズ可能で広告の入らないプレーヤーからトップクラスのバーチャルイベントプラットフォームまで、最高画質の動画をオンラインで配信できます。

プロダクト一式は、すべての人がプロ用動画を利用できるよう設計されており、直感的なデザインでTV画質の動画体験制作が可能となっている点が特徴です。カスタマーサポートチームは、24時間年中無休で対応してくれるため、急なトラブル時にも安心です。

vimeo(ビメオ)の強み

最高画質の動画をオンラインで配信!直感的なデザインでTV画質の動画体験制作が可能

vimeo(ビメオ)の基本情報

特徴 カスタマイズ可能で広告の入らないプレーヤーからトップクラスのバーチャルイベントプラットフォームまで、最高画質の動画をオンラインで配信している。
サポート ・カスタマーサポートチームが、24時間年中無休で対応
・Enterpriseメンバーには、専用のアカウントマネージャーがつき、保証された稼働時間SLAを提供
料金・プラン例 ■Plus 5GB/週
年間 250GB
700円/ 月 
問い合わせ メールフォーム
会社情報 Vimeo.com, Inc.
※HPに記載なし

vimeo(ビメオ)の口コミ・評判を集めました

デザイン・クリエイティブ職
シンプルに使いやすい
YouTubeの限定公開機能に近い機能が充実しており、社内での動画共有にはVimeoを使用している。社内共有など用途が限定的な時にはYouTubeよりもVimeoの方が使いやすく、保存もしやすい。

引用元:https://www.itreview.jp/

営業・販売・サービス職
安定したライブ配信
アクセス数が多いことが想定される時も安定した環境で配信ができる。アップロードできる容量がかなり多いので、多くの案件で同時に使うことができる。

引用元:https://www.itreview.jp/

ここからは動画配信プラットフォームの特徴をはじめ「動画配信プラットフォームの費用相場」「動画配信プラットフォーム選びのポイント」などについて解説してきます。ぜひ参考にしてみてください。

動画配信プラットフォームとは?どんな機能がある?


動画配信プラットフォームとは?どんな機能がある?の画像
ビジネスのさまざまな場面で活用されている動画コンテンツですが、それらを扱う上で欠かせないのが動画配信プラットフォームです。

動画配信プラットフォームを利用する企業も増えていますが、実際にどのように利用できるもので、どのような機能があるのかをあまり詳しく理解されていない方もいるのではないでしょうか。

ここでは動画配信プラットフォームとはどのようなものか、そして動画配信プラットフォームで利用できる機能についてご紹介していきます。

動画配信プラットフォームとは?

動画配信プラットフォームとは、動画コンテンツの作成や管理、配信などがWEB上でできるサービスのことを言います。マーケティングや採用活動といった外に向けての動画配信はもちろん、社内で情報共有や研修をおこなうために動画を利用する企業は増えており、その場合にも動画配信プラットフォームが使われることが多いです。

動画配信プラットフォームは無料で利用できるものと有料のものがあり、無料のもので有名なプラットフォームとしてYouTubeがあります。有料のプラットフォームは、ビジネスにおいて動画コンテンツを管理するために欠かせないセキュリティ面もしっかりとしているので、導入している企業が増えているようです。

さらに有料の動画配信プラットフォームには、手軽に動画配信サイトを構築したり仕組みを作り上げたりする機能も備わっているので、動画の活用方法に悩んでいる方にも利用しやすいでしょう。

動画配信プラットフォームの主な機能

有料の動画配信プラットフォームサービスは数多くありますが、主な機能は共通しています。ここでは主な機能についてご紹介していくので、どのようなことができるのかを知ったうえで動画配信プラットフォーム選びをしていきましょう。

視聴者の限定

多くの動画配信プラットフォームには、特定のユーザーにだけ動画コンテンツを配信する機能があります。無料と有料どちらの動画配信プラットフォームでもこの限定公開機能は利用できますが、無料の場合は不正ダウンロードなどによる情報漏洩の可能性があるためビジネスで利用するのには向いていません。

有料の場合は社内のみでの共有や、社外の特定の方に向けての動画公開など、条件を満たすユーザーにのみアクセス権限を与えることができセキュリティ面で安心です。

コンテンツ管理

動画コンテンツをアップロード、公開、また削除などの管理はもちろん、公開範囲の設定カテゴリー設定なども簡単におこなうことができます。

そのほかにもアンケート機能やアカウント管理といった細かな管理も可能です。一括で管理ができるので管理に必要な人員や時間を最小限に抑えることができるでしょう。

分析機能

配信した動画コンテンツの再生数や、視聴しているデバイスの傾向、また視聴している時間帯、どのような視聴者が見ているのかなどを分析できる機能もあります。収集した情報から何を求められているのかを分析することができるので、今後配信する動画コンテンツの改善に役立てることができます。

その他の機能

上記は主な機能ですが、動画配信プラットフォームによってはライブ配信ができたりVR動画配信が可能だったりと、さらに多くの機能を備えていることがあります。どのような機能を利用したいのかを考えながら、動画配信プラットフォームを比較検討していきましょう。


・動画コンテンツの配信や管理ができるのが動画配信プラットフォーム
・限定公開やコンテンツ管理などさまざまな機能が備わっている

Youtubeとの違いは?動画配信プラットフォームのメリット


Youtubeとの違いは?動画配信プラットフォームのメリットの画像
動画コンテンツを配信するのなら無料で利用できるYouTubeで十分ではないかと考える方もいるかもしれません。たしかにYouTubeなら動画配信という目的を果たすことはできますが、動画配信プラットフォームとYouTubeにはいくつかの違いがあり、利用するシーンを考慮する必要があります。

ここではYouTubeと動画配信プラットフォームの違い、そして動画配信プラットフォームを利用するメリットについてご紹介していきます。

YouTubeとの違い

YouTubeは無料で利用できる動画配信プラットフォームであり、動画を配信するという点では有料の動画配信プラットフォームと同じように感じるかもしれません。しかし大きな違いが2つあります。その1つが「コンテンツの権利保護」です。

YouTubeは無料で利用できますが、アップロードした動画は誰でも簡単に閲覧したりSNSなどを通じて拡散したりすることができます。そのため不正ダウンロードをされる危険性があり、さらにセキュリティ面でも不十分である可能性が高いです。

その点動画配信プラットフォームは動画コンテンツが保護された状態でアップロードされるため、不正ダウンロードや不正アクセスを防ぐことができます。

そして2つ目の違いは「利用の自由度」です。YouTubeにアップロードした動画は、広告収入や動画の使用方法などあらゆる面でYouTubeが決めた規則に従って利用しなければなりません。そのため思ったような利用ができなくなってしまうなど、利用の不自由さを感じる場面も少なくないでしょう。

一方で動画配信プラットフォームでは、自由にカスタマイズができ自社サイトの一部のように利用することができます。もちろん自社サイトへ誘導したりデジタルサイネージとして活用できたりと、幅広く柔軟に利用できるのです。

このようにYouTubeと動画配信プラットフォームでは異なる点があり、ビジネスで利用するのであれば圧倒的に有料の動画配信プラットフォームが安心で便利です。

動画配信プラットフォームのメリット

有料の動画配信プラットフォームを利用することで、いくつかのメリットがあります。まずその1つが「簡単に管理ができる」という点です。

動画コンテンツの作成から管理、動画配信に必要な情報や操作が一元化されているので、動画配信や管理が初めての方や慣れていない方でも簡単に利用することができます。

そして「動画配信をする先を限定できる」というメリットもあります。自社内で社員向けの研修動画を作成して社員限定で公開することも可能ですし、地域を限定して動画を配信することなども可能なのです。

動画の内容や目的に応じてターゲットを絞った配信ができるので、期待している効果を得やすく動画の活用方法も幅広くなるでしょう。

また「分析機能を利用できる」というメリットもあります。多くの動画配信プラットフォームではアクセス解析の仕組みが用意されているので、動画の再生回数だけではなく、アクセス元の地域、動画を最後まで視聴した人の割合、視聴されている時間帯の傾向などさまざまなデータを収集することができます。

そしてこのデータを分析することによって、有効な広告を展開するなどマーケティングに活用することもできます。もちろん分析の結果を見ながら動画の改善をしていけば、さらに視聴者を増やしたり効果的なマーケティングに繋げていくこともできるでしょう。

さらに有料の動画配信プラットフォームでは「セキュリティや著作権の面で安心な機能を備えている」というメリットもあります。動画コンテンツを暗号化して配信するなど、データを悪用されないための工夫がされていたり、著作権保護の機能を備えていたりと、ビジネス活用においての安心感も非常に高いです。


・セキュリティ面や自由度などでYouTubeと動画配信プラットフォームは大きく違う
・簡単に管理ができ、マーケティングに活用するための機能なども豊富なのがメリット

動画配信プラットフォームの費用相場


動画配信プラットフォームの費用相場の画像
動画配信プラットフォームを導入するにあたり、気になるのがその費用ではないでしょうか。料金はプランなどによっても異なりますが、費用相場を知っておくことで社内で検討する際の参考になるはずです。

ここでは動画配信プラットフォームの構築方法や、プランの内容ごとの費用相場をご紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

動画配信プラットフォームの構築方法

そもそも動画配信プラットフォームには大きく分けて3つの構築方法があります。

1つ目が「スクラッチ」といって、ゼロから動画配信システムを構築する方法です。管理画面やユーザー画面などあらゆる部分で導入する企業に最適な項目やデザインなどを取り入れるために、スクラッチで構築している企業もあります。

しかしストリーミングサーバーやインフラ環境などのすべてを何もない状態から開発していくためには、150万円以上の費用と長い時間がかかります。独自機能を持つ大規模な動画配信ビジネスを展開したいという場合でなければ、スクラッチでの構築では利益が得られない可能性が高いでしょう。

2つ目の方法が「パッケージ」での構築です。スクラッチでの構築に比べて素早く、安く、そしてある程度自由度が高い動画配信システムを構築できるのがこの方法です。

スクラッチ開発に比べれば自由度は低いですが、独自機能を追加したりオリジナルデザインのサイトを構築したりすることも可能なのである程度希望に沿った構築ができるでしょう。ただしスクラッチ開発よりも安いといっても、100万円前後の料金がかかってしまう可能性があります。

そして3つ目が最近動画配信プラットフォームで主流になりつつある「クラウド」での構築です。利用開始時から豊富な機能が搭載されており、契約したらすぐに使えるほど便利に構築されています。

企業ごとに必要なコンテンツや機能を選択して利用できるため管理も楽で、ほかの構築方法よりも初期費用をかなり安く抑えることができます。サービスによって月額料金が定額制・従量制に分かれているため、利用目的に応じてサービスを選ぶこともできます。

クラウド型動画配信プラットフォームの費用相場

クラウド型動画配信プラットフォームは、定額制と従量制に分かれており、また初期導入費用としてある程度相場が決まっています。

動画の配信数などに関わらず大きなストレージ容量や配信流量を利用できる定額制の費用相場は、月額5万円~10万円程度となっています。決められたストレージ容量や配信流量を超えるとその分の費用が加算されていく従量制の場合は、月額500円程度~となっています。

一見従量制の方が安く見えるかもしれませんが、社員数や利用目的によっては超過分の費用が大きくなり、定額制よりも高くなってしまう可能性があるので注意しましょう。

また動画配信プラットフォームでは初期費用として導入するためのパッケージ料金を用意していることが多いです。

運用方法の提案から設定、構築、また動画のアップロードや動画配信サイトのトップページ作成など初期設定を代行してくれるプランの場合、費用相場は20万円~となっています。動画配信プラットフォームを利用したことがない方や、運用方法に困っている方にはおすすめです。

そして定期的なコンテンツの配信やユーザー情報の管理、お問い合わせ対応などの運営代行をしてくれるプランの場合の費用相場は10万円~となっています。運営のための人員を確保できない場合や、社内で継続的に発信や管理をしていくのが難しい場合におすすめです。

さらに動画マニュアルなどのコンテンツ制作をサポートしてくるプランを提案している動画配信プラットフォームもあります。社内研修用の動画やセミナー動画、プロモーション制作などさまざまな動画制作に対応しており、動画1本につき3万円前後でサポートしている場合が多いようです。


・動画配信プラットフォームはクラウド型がお得で便利
・クラウド版なら最適な料金形態やプランを選べる

動画配信プラットフォーム(動画配信システム)を選ぶ際はなにを重視しますか?WEBアンケートで調査!


ここまで、動画配信プラットフォームの機能やメリット、Youtubeとの違いなどについて解説してきましたが、理解を深めることはできたでしょうか。実際に導入する場合は、それぞれのサービスの特徴や違いなどについて比較し、最適なものを選びたいですね。

しかし、どのように選べばよいのか迷ってしまうという方も少なくないのではないでしょうか。そこで当サイトでは、動画配信プラットフォームを選ぶ際はなにを重視するかについて、WEBアンケート調査を行いました。早速その結果を見ていきましょう。
動画配信プラットフォーム(動画配信システム)を選ぶ際はなにを重視しますか?アンケート結果画像

最も得票数が多かったのは、 「目的に合った機能が備わっている」で30%でした。動画配信プラットフォームには、研修や営業ツール、セミナーの実施、講義の配信、コンテンツの販売など、さまざまな活用シーンがあります。どのような使い方をするかによって必要な機能は異なるので、目的に合った機能が備わっているものを選ぶことが大前提となります。

次に多かったのは 「費用が安い」 で25%でした。Youtubeのように無料で利用できるものに慣れ親しんでいる方も多いため、そこまで高額な費用をかけることに抵抗を感じる方もいるのかもしれません。

次に多かったのは 「セキュリティが強固」で14%でした。情報が外部に流出するリスクを考えると、費用をかけてでもセキュリティが強固な動画配信プラットフォームを利用するメリットがあると言えるのではないでしょうか。

そのほか、「サポートが充実している」が10%、「操作が簡単」が9%、「動画の保存や配信ができる容量が大きい」が7%、「外部システムと連携できる」が4%となっています。人によって重視するポイントは異なりますが、いずれも重要な要素だと言えるでしょう。

アンケートの結果は以上となりますが、参考になったでしょうか。次の見出しでは、動画配信プラットフォームの選び方についてより詳しく解説します。

動画配信プラットフォームの選び方


動画配信プラットフォームの選び方の画像
動画配信プラットフォームを利用するニーズが高まっていることから、さまざまな企業が動画配信プラットフォームのサービスを展開しています。そのため、どのサービスを利用すればいいか悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

ここでは動画配信プラットフォームを選ぶ際にチェックしたいポイントをご紹介していきます。

最新のプラットフォーム

動画配信プラットフォームは日々進化しており、サービスを提供している各社は新しいプラットフォームの開発をおこなっています。その中でも利用しやすい新しいUI(ユーザーインターフェース)やデザインを取り入れている動画配信プラットフォームがおすすめです。

独自のUIやデザインを進化させて、より使いやすく感覚的に操作できるプラットフォームであれば、初めて動画配信や編集、管理などをおこなう方でも不安なく扱うことができます。

また常に最新のプラットフォームに更新しているということは、それだけユーザーのことを考えた開発をしてくれているということでもあるでしょう。ぜひより新しいプラットフォームを提供しているサービスを選んでください。

機能性とカスタマイズ性

動画配信プラットフォームを利用する場合、必要な機能は企業によって異なります。そのため目的に合わせた機能があるかどうかは必ず確認しましょう。

まずはそのプラットフォームを利用して何をしたいのかを明確にすることで、必要な機能はある程度見えてくるはずです。

そしてその機能をより社員が分かりやすく利用できるためにカスタマイズ性の高いプラットフォームであるかどうかもチェックしたいポイントです。動画配信プラットフォームは利用する企業に合わせて、見た目や機能をカスタマイズさせることでより社員に浸透しやすくまた管理なども簡単になります。

より効果的に動画配信プラットフォームを利用するためにも、ぜひ高カスタマイズ性のプラットフォームを選びましょう。

料金

動画配信プラットフォームを導入する際に気になるのが料金ではないでしょうか。安いというだけで選んでしまうのは問題ですが、安くても使いやすく最新の技術やセキュリティを用いて構築されているプラットフォームがあります。費用面でのリスクを抑えるためにも、ぜひこのような動画配信プラットフォームを選びましょう。

また利用シーンに合わせて選べる料金プランを提供している動画配信プラットフォームであるかどうかもぜひ確認してみてください。長期的な利用をするなら定額プラン、短期での利用を考えているなら従量制のプランなど必要に応じて選べると安心です。

そのほかに初期設定を代行したり運営代行をしたりと、あらゆる場面で利用できるプランをあわせて提供している動画配信プラットフォームなら、初めて導入する場合や運営の人員を確保できない企業でも利用しやすいでしょう。

強固なセキュリティ

動画配信プラットフォームを選ぶ上で、必ずチェックしたいのがセキュリティ面です。動画で社内のマニュアルを共有したり社外の特定の方に向けた動画を配信したりする際には、それらが漏洩しないように最新の注意を払わなければなりません。

また顧客に向けての動画配信の場合も、不正ダウンロードやアクセスを防ぐためにセキュリティを強化することが大切です。そういったセキュリティ面での不安を感じないようにするためには、強固で信頼性の高いセキュリティを提供している動画配信プラットフォームを選ぶべきです。

セキュリティについては公式サイトなどに掲載している動画配信プラットフォームも多いので、ぜひ比較検討しながら最適なものを選んでいきましょう。


・新しいUIやデザインで、機能性やカスタマイズ性が高い動画配信プラットフォームを選ぼう
・料金やセキュリティ面でも不安を感じないサービスを見つけよう

目的に合った最適な動画配信プラットフォームを選ぼう!


動画配信プラットフォームは、今後ますます多くの企業で使われるようになり、その利用方法や利用シーンも多種多様になっていくはずです。その流れに乗り遅れないためにも、目的に合った動画配信プラットフォームをいち早く導入しましょう。

利用しやすいデザインやUI、そして機能性やカスタマイズ性、セキュリティを兼ね備えながらもオトクな価格やプランが選べる動画配信プラットフォームがおすすめです。

ぜひ複数の動画配信プラットフォームを比較しながら、最適な動画配信プラットフォームを見つけてみてください。

おすすめの動画配信プラットフォームランキング一覧表まとめ

イメージ1
2
3
4
5
会社名UIshare(ユーアイシェア)millvi(ミルビィ)J-Stream(Jストリーム)ULIZA(ウリザ)vimeo(ビメオ)
特徴17万人超ユーザー利用の最先端テクノロジー搭載のクラウド型動画配信プラットフォームサービス。セキュリティも強固で高い信頼性を担保している。700社以上の企業で利用される国内最大級のクラウド型動画配信システム。幅広い利用用途・利用量に応じたプラン選定ができる。3,000アカウント以上の導入実績を持つ国内最大級の動画配信プラットフォーム。自社保有・運営のCDNによって、常に安定した動画配信を実現。日本国内で開発されたクラウド型の動画配信システム。クラウド型での提供のため、簡単に動画配信が始められる。カスタマイズ可能で広告の入らないプレーヤーからトップクラスのバーチャルイベントプラットフォームまで、最高画質の動画をオンラインで配信している。
サポート申し込みと同時に利用可能で、開始当日から全機能を試すことができる
・専門スタッフによるきめ細かなオンボードサポートを提供
・運用後のサポート体制も充実
・各種マニュアルを提供
・動画制作トレーニングパック
・ライブ配信運用支援・代行サービスなど
・サポートサイトには目的別マニュアルやお役立ちツールなどを用意
・コンテンツ内製支援も提供している
・日本国内の専門スタッフによるテクニカルサポートが標準で付属
・導入時には専任のコンサルタントご要件に合わせて円滑な導入をサポート
・ライブ配信スタジオや動画の撮影や配信管理等の技術支援もオプションで提供可能
・カスタマーサポートチームが、24時間年中無休で対応
・Enterpriseメンバーには、専用のアカウントマネージャーがつき、保証された稼働時間SLAを提供
料金・プラン例■定額プラン 5万円~/月
■UIshare運用サポートプラン 10万円~
■UIshare初期導入パッケージプラン 20万円~
■スタンダードプラン
初期費用 10万円
月額費用  5万円
■J-Stream Equipmedia 月額5万円~
■J-Stream MediaLize 不明
■ULIZA EVENT STREAM
初期費用 10 万円
月額費用 10 万円/月
※月額型契約(3ヶ月以上のご利用)
■Plus 5GB/週
年間 250GB
700円/ 月 
問い合わせ電話・メールフォーム・チャット
TEL:03-6822-8021
電話・メールフォーム
TEL:03-6452-8917
メールフォームメールフォームメールフォーム
詳細リンク
公式サイト公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら

記事一覧

necfru(ネクフル) 株式会社ネクフル 住所:東京都中央区銀座7-17-13 銀座永谷ビル6F TEL:03-6260-6809 動画配信でやりたいことは大体できると強く表現しているのが ・・・[続きを読む]
MOVIE LIBRARY(ムービーライブラリ) ソフトバンク株式会社 住所:東京都港区海岸一丁目7番1号 HP内に問い合わせフォームあり 専用システムを介して、簡単に動画を共有できるサービ ・・・[続きを読む]
Bizlat on Azure(ビズラット・オン・アジュール) 株式会社EVC 住所:東京都千代田区神田和泉町1-1-7東陽ビル4階 TEL:03-5687-5841 近年の動画配信需要はと ・・・[続きを読む]
ビデオグ(ロジックデザイン株式会社) 住所:神奈川県小田原市栄町1-14-48 ジャンボーナックビル7F HP内に問い合わせフォームあり エンタメや趣味のみならず、ビジネスの場面でも多く使わ ・・・[続きを読む]
MOOGA(株式会社ワンゴジュウゴ) 住所:東京都千代田区紀尾井町3-6紀尾井町パークビル7F TEL:03-3234-5546 動画配信プラットフォームの導入を成功させたいと思っていません ・・・[続きを読む]
ブライトコーブ 住所:アメリカ合衆国 マサチューセッツ州 ボストン 問い合わせ:サイト内問い合わせフォームあり 不安な時にいつでも問い合わせができる動画配信プラットフォームがあれば便利だと思 ・・・[続きを読む]
クラストリーム(株式会社アイ・ピー・エル) 住所:〒243-0018 神奈川県厚木市中町4丁目9番17号 ハラダセンタービル TEL:046-295-3971 営業時間:10:00~17:0 ・・・[続きを読む]
P-stream(ペタ・ストリーム) pepex株式会社 住所:東京都千代田区平河町1-4-14 HIDA麹町ビル10階 自社のプロモーションに動画配信を活用したいけれど、ハードルが高いとた ・・・[続きを読む]
デジタルトランスフォーメーションの世の中になりました。動画配信サービスを利用することで、アナログの時代とは比べものにならないほど便利になっています。そのサービスを受けるだけではなく、自分でも ・・・[続きを読む]