社内研修にeラーニングを活用!動画配信プラットフォームの選び方とは

公開日:2023/04/15


手軽な学習システムとして近頃人気を集めているのが、eラーニングです。個人・チーム・団体向けの発信を得意とし、扱う情報もさまざまです。その手軽さから、導入を検討する企業やユーザーが多くいます。本記事では、eラーニングを配信するのに適した動画配信プラットフォームについて紹介していきます。

そもそもeラーニングとは

eラーニングとは、インターネットを活用した学習システムです。インターネットに通信できるパソコンやモバイル端末を使って、学習できます。教育・研修・セミナーが主な用途です。最近では小学校での学習教材としても取り入れられています。算数・国語・英語などの基礎学習からプログラミングまで、eラーニングを使ってあらゆる学習を行えるのです。

学習をeラーニングで行うメリット

インターネットさえ通じれば、いつどこにいても受講が可能です。移動時間を省けるので、時間を有効活用できます。動画は繰り返し閲覧できるので、隙間時間でコツコツ視聴するのもよいでしょう。忙しいなかでも工夫しながら受講できるので、学習時間を確保しやすくなります。配信者側としても、会場費や人件費が浮くので運営費を節約することに繋がります。受講人数の制限もなくなるので、より多くの受講者を受け入れる体制も整うでしょう。

学習をeラーニングで行うデメリット

適切な動画配信プラットフォームを選ぶためには、eラーニングのデメリットを理解することも重要です。デメリットを理解することで、ユーザー目線のフォローやアイディアが生まれます。よりよいシステムを提供するための糧として、頭に入れておきましょう。

eラーニングは先述したとおり、場所や時間を選ばず自由に学習できるのが一番のメリットです。しかし裏を返せば、習慣化や義務化が難しく、中だるみしてしまう可能性もあります。個人の意思の問題といえばそれまでですが、やる気を引き出す仕組みや継続を促すサポートが求められます。具体的には疑問点をそのままにしないスピード感のある返答や、達成感や自信を得られるカリキュラムなどを工夫しましょう。これらのデメリットをカバーすることでメリットを際立たせ、支持を集められます。

eラーニングの動画配信プラットフォームを選ぶときのポイント

多数の動画配信プラットフォームから、利用する媒体を選ぶには、機能の多さを重要視するのがよいでしょう。機能数は配信者・視聴者どちらにとっても大切なので、両者の目線で考えることを忘れてはいけません。

このあと細かく説明しますが、配信者であれば細かな設定ができるか、マネタイズできるかが重要になります。視聴者であれば、一目で理解できる分かりやすいシステムであることが重要です。

配信者:マネタイズ、ライブ配信、ユーザー管理などの多彩な機能

視聴者:ブックマーク、シェア、関連検索などの不随機能と見やすさ

eラーニングの導入に動画配信プラットフォームを活用するメリット

動画配信プラットフォームを活用することで、多くのメリットを得られます。自社のシステムがあれば何よりですが、整っていない場合には積極的に外部の動画配信プラットフォームを利用すべきでしょう。

というのも、動画一本から数多くの情報を手に入れることができるためです。動画を必要なときに取り出すのでは、これらの情報は得られません。動画を眠らせるのではなく、動画そのものに働いてもらう必要があるのです。

そしてこの仕組みこそが、動画配信プラットフォームです。それではどのような対応が必要なのか、そしてどのような恩恵が受けられるのか、項目ごとに確認してみましょう。

動画:通常通りアップロードし、適切な設定をしましょう。

確認:編集画面からではなく、ユーザーのアクセス方法で動画を確認しましょう。ユーザーの目線に立って、客観的に判断することが重要です。

集客:無料動画と有料動画を用意し、リーチ数・インプレッション数が伸ばせます。

配信:アップロードだけでなく、ライブ配信を交えればイベント感を演出できます。

管理:動画をカテゴライズして視覚的にも分かりやすく管理できます。

安全:パスワード入力やSSL・TLS通信を駆使すれば情報を安全に扱えます。

分析:ユーザーの動向を数値管理し、需要を把握することで適切な動画を配信できます。伸びる動画のイメージを膨らませてみましょう。

これらが動画配信プラットフォームを使用する際に必要な対応と、得られるメリットです。逆にいえば最低限これらのメリットが得られるプラットフォームを選ぶ必要があるでしょう。選ぶときのポイントに上記内容も加えてみてください。

まとめ

eラーニングを提供するための動画配信プラットフォームは、機能が多いものを選ぶことが重要です。配信者・視聴者の立場になって、どのような機能があれば便利なのかを考えてみましょう。将来的にどのように発展していきたいのかを考えると、必要な機能を導き出せますよ。学習・社内研修・セミナーなど、eラーニングの活躍の場は今後も広がっていくでしょう。

おすすめの動画配信プラットフォームランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名UIshare(ユーアイシェア)millvi(ミルビィ)J-Stream(Jストリーム)ULIZA(ウリザ)vimeo(ビメオ)
特徴便利な機能を初期費用無料でお得に利用でき、サポートプランも充実している3,000アカウント以上の導入実績をもち、ワンストップでサービスを提供している高品質かつ低価格な動画サービスを提供し、700社以上の企業で利用されている1つの動画プラットフォームで、動画に必要なすべてのツールを活用できる10年以上サービスを提供し続け、延べ500社以上に導入されている
公式サイト

おすすめ関連記事

サイト内検索