動画配信プラットフォームを構築するまでの大まかな流れをチェック!

公開日:

デジタルトランスフォーメーションの世の中になりました。動画配信サービスを利用することで、アナログの時代とは比べものにならないほど便利になっています。そのサービスを受けるだけではなく、自分でも構築してみたいと考えている人に今回の動画はおすすめです。ぜひ参考にしてください。

動画配信プラットフォームを使ってできること

これまでアナログだけで提供していたサービスとは比べものにならないほど、高品質のサービスを享受できます。また、無駄なく効率的に目的を達成できるようになります。

動画を配信する場所を指す

動画の放送局として、有料または無料で動画を配信する場所を指すのです。無料動画であれば、個人でも手軽に動画配信を始められます。無料動画は、動画をシェアすることで多くの人に動画を拡散して視聴回数を増やすのが目的です。有料動画は特定の人を対象にしたもので、セキュリティも強化できるのが特徴です。

メリット

画像よりも多くかつ質の高い正確な情報を提供できるメリットがあります。画像を見るよりも、動画を10秒間視聴するだけで情報として記憶されるといわれています。また、動画にサムネイルを入力したり、関連するサイトのリンクを添付したりするなどの方法で、マネタイズ化することが可能です。

ウェブサイトへの誘導

企業が動画配信する目的は、動画の視聴回数を増やすことではなく、自社のサービスを利用してもらうことです。動画配信はあくまで認知してもらうためであり、入口に過ぎません。興味を持ってくれた人が次の行動に移れるための背中を押す役割を担っています。

デジタルサイネージ

商品の魅力をペルソナに訴求できます。高品質の動画を空港や駅構内などの多くの人が行き交う場所で、リアルタイムにより視聴できるようです。

eラーニング

場所を確保しなくても、動画配信サービスを利用することで社員教育が可能です。また、リアルタイムの授業に参加する必要はありません。自分が受講したい時間と場所で手軽に受講できます。

動画配信プラットフォームの作り方

3つの作り方が主流です。

スクラッチはゼロから

特徴は完全オーダーメイドです。ゼロから制作することになります。オリジナルのシステムを構築できるので、再現性が難しいのがメリットです。しかし費用が高額です。

パッケージは素早く

基本機能が備わっているので、時間をかけずに素早く構築できます。そのため、低価格で構築できるのがメリットです。しかし自由度が低下します。

無料と有料のプラットフォームを利用する

提供する企業によって運営されているのです。構築の時間と費用がかからないので気軽に始められるのがメリットです。しかしマネタイズの自由度が低くなります。

動画配信プラットフォームを構築するまでの大まかな流れ

コンセプトの決定と制作会社の選定は慎重に行いましょう。

コンセプトを決定する

コンセプトが曖昧だと、誰も興味を持ってくれません。また、大手が手がけているサービスと同様のものを提供しても、資金力で大手には敵わないので長く事業を継続できないでしょう。
ポイントは、大手が手がけることができていない分野のサービスを提供することです。あわせて収益化の部分も考えていきます。こちらの作業を疎かにすると、何のためのサービスなのか分からなくなってしまいます。

要件定義を決める

システムに必要なものを要件定義としてまとめる作業を始めるのです。これは、機能や設定のことです。こちらの要件定義が明確に定まっていると、打ちあわせをするときにスムーズにいくので、可能であれば文章やイラストなどにまとめておきましょう。この際、参考としているサイトやベンチマークしているサイトがあれば、リストアップしておきましょう。

システム開発会社を探す

たくさんある制作会社から選ぶのは難しいです。制作会社によって得意分野が異なるので迷ってしまいます。このような場合は、自社と似たような制作サイトの開発を手がけたことがある制作会社を選ぶようにするとよいでしょう。大きくイメージと違いが生じることがなくなります。

見積もりと比較

複数社に見積もりを依頼しますが、あまり数が多くても比較するのが難しいので、2~3社に絞るとよいでしょう。できるだけ具体的に見積もりを出してもらいます。サポートや保守についても確認します。

実装

およそ2か月を目処にエンジニアが作業するのです。この間は待機するだけの期間となりますが、制作会社から動作チェックなどを求められる可能性があるので、そのときは制作会社と進捗状況を確認します。

動画テストとβ版リリース

納品前の動作チェックと最終確認を行います。この地点で開発は終了しているのです。あとは、正式版をリリースする前にβ版をリリースして、問題がなければ正式版のリリースに移行します。

まとめ

動画配信プラットフォームの作り方は主に3つしかないので、制作のために負担できる費用、メリット、デメリットを総合的に判断して作り方を決定してください。その後に大切なことは、コンセプトの決定とシステム開発会社を探すことです。こちらの2つに重点を置いて構築を進めることで、大きな失敗をすることはないでしょう。

おすすめの動画配信プラットフォームランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名UIshare(ユーアイシェア)millvi(ミルビィ)J-Stream(Jストリーム)ULIZA(ウリザ)vimeo(ビメオ)
特徴便利な機能を初期費用無料でお得に利用でき、サポートプランも充実している3,000アカウント以上の導入実績をもち、ワンストップでサービスを提供している高品質かつ低価格な動画サービスを提供し、700社以上の企業で利用されている1つの動画プラットフォームで、動画に必要なすべてのツールを活用できる10年以上サービスを提供し続け、延べ500社以上に導入されている
詳細リンク

おすすめ関連記事